コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽の光の中の裸婦

1件 の用語解説(陽の光の中の裸婦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

陽の光の中の裸婦

フランスの画家オーギュスト・ルノワールの絵画(1876)。原題《Torse de femme au soleil》。『陽光の中の裸婦』、『陽光を浴びる裸婦』、『日の当たる裸婦』とも呼ばれる木漏れ日の下の若い裸婦を、印象派の特徴的な技法を用いて描いたルノワールの代表作の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽の光の中の裸婦の関連キーワードムーラン・ド・ラ・ギャレットルノワールアルジェリア風のパリの女たち田舎のダンスイレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像都会のダンス日の当たる裸婦ピアノに寄る少女たち舟遊びの昼食舟遊びをする人々の昼食

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone