コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽の光の中の裸婦

デジタル大辞泉プラスの解説

陽の光の中の裸婦

フランスの画家オーギュスト・ルノワールの絵画(1876)。原題《Torse de femme au soleil》。『陽光の中の裸婦』、『陽光を浴びる裸婦』、『日の当たる裸婦』とも呼ばれる。木漏れ日の下の若い裸婦を、印象派の特徴的な技法を用いて描いたルノワールの代表作の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android