コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽貴文 よう きぶん

1件 の用語解説(陽貴文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陽貴文 よう-きぶん

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の瓦(かわら)工。
崇峻(すしゅん)天皇元年(588)百済の威徳王が仏寺堂塔建立のために献じた工匠たちのうちの瓦博士のひとり。陵貴文(りょう-きぶん)とともに日本にはじめて瓦の製法をつたえた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone