かわら

精選版 日本国語大辞典「かわら」の解説

かわら

〙 (多く「と」を伴って用いる) 堅い物が触れ合う音を表わす。からから。
※古事(712)中「其のの中の(よろひ)に繋りて、訶和羅(カワラ)と鳴りき」

かわら

〘名〙 小児病の一つ。消化不良などのため、が張るもの。
伊呂波字類抄(鎌倉)「痞 カハラ 録験方云、小児病也 唐韵云、腹中結病也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「かわら」の解説

かわら

[副]堅い物の触れ合う音を表す語。
「その衣の中のよろひにかかりて、―と鳴りき」〈・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android