隅斗(読み)スミト

精選版 日本国語大辞典の解説

すみ‐と【隅斗】

〘名〙 建築で隅肘木(すみひじき)の上におく斗。下面は建物と四五度の角度となり、上面は建物と平行に造る。菊斗(きくと)。鬼斗(おにと)。〔日本建築辞彙(1906)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android