コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備高原 きびこうげん

7件 の用語解説(吉備高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉備高原
きびこうげん

中国地方の南東部,中国山地瀬戸内海沿岸の平野との間にある高原。兵庫県から山口県に及ぶ広域をいう。狭義では岡山・広島両県にまたがる範囲で,高梁川中流域の新見市,高梁市を中心とする周辺町村と,広島県中東部の町村を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きび‐こうげん〔‐カウゲン〕【吉備高原】

中国山地の南側、岡山・広島両県にまたがって広がる台地状の高原。標高200~600メートル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉備高原【きびこうげん】

中国山地主分水界の南方に広がる標高250〜550m内外の緩起伏面。岡山・広島両県にまたがり,津山,三次(みよし)などの山間盆地と〈のろ〉という丘陵地に分かれる
→関連項目赤坂[町]岡山[県]加茂川[町]賀陽[町]川上[町]久井[町]熊野[町]甲山[町]甲奴[町]山陽[町]三和[町]世羅[町]世羅西[町]総領[町]大和[町]高梁[市]建部[町]中央[町]豊栄[町]美星[町]広島[県]三和[町]八千代[町]柵原[町]油木[町]吉井[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きびこうげん【吉備高原】

中国山地南側の盆地列以南,広島県から岡山県にかけて広がる隆起準平原。岡山県域の2/3を占める。標高は200~600mで,高原面は波状の起伏があり,高原上には本宮山天神山など玄武岩などからなる堅い岩石の孤立峰がいくつか見られる。高原の特徴が明瞭なのは広島県東部神石郡から岡山県の吉井川の谷までの範囲で,とくに岡山・広島県境を中心として旧輪廻の谷が谷頭によく残されている。新見(にいみ)市から上房(じようぼう)郡北房(ほくぼう)町にかけて,また川上郡川上町と備中町にかけては石灰岩台地があり,カルスト地形が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きびこうげん【吉備高原】

中国山地の南側、岡山県と広島県にまたがって広がる低山帯。海抜200~600メートル。吉井川・旭川・高梁たかはし川が谷を刻んで流れる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県(広島県)〕吉備高原(きびこうげん)


中国山地中部の南側にある高原。中国山地と瀬戸内海沿岸の低地との間に広がり、岡山県と広島県にまたがる。標高約200~800m。比較的平坦(へいたん)な隆起準平原。山間小盆地と標高約500~800mの残丘が点在する。吉井(よしい)川・旭(あさひ)川・高梁(たかはし)川・芦田(あしだ)川などが高原を横断し、深い渓谷を刻む。帝釈(たいしゃく)峡・阿哲(あてつ)峡・井倉(いくら)峡などが渓谷美をつくる。阿哲台には石灰岩のカルスト地形が発達。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備高原
きびこうげん

瀬戸内海沿岸低地と中国山地間に東西に延びる隆起準平原。標高200~600メートル。ただし、準平原に至る段階で隆起したもので、何段かの侵食小起伏面がみられる。高原上には残丘状の孤立峰がいくつかあり、なかには玄武岩のドームも多い。吉備高原の特徴は吉井川以東ではかなり希薄になり、岡山県の吉井川、旭(あさひ)川、高梁(たかはし)川、広島県の芦田(あしだ)川の部分できわめて明瞭(めいりょう)である。これらの河川は中国山地を流下し、吉備高原を横断する部分では深く穿入(せんにゅう)蛇行し、阿哲(あてつ)峡、井倉峡、帝釈(たいしゃく)峡などの峡谷美を呈する。吉備高原上で集水する河川は最初は緩勾配(こうばい)の浅い谷をつくり、遷急点からは深い峡谷をなし、主谷に合流するか、吉備高原南縁で平野に出る。高原面には阿哲台、上房(じょうぼう)台などの石灰岩台地があり、カルスト地形がみられる。一般に狭い谷底は交通路の役割を果たしており、高原上の波状の丘は松林となり、斜面に集落や畑地が発達し、浅く広い窪地(くぼち)は湿田となる。沿岸平地より冷涼で、タバコなどの工芸作物のほかに酪農や野菜の抑制栽培なども行われる。交通不便な地が多く過疎化が進んでいる地域が多い。なお、岡山県の吉備中央町には、県の構想による吉備高原都市が建設された。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉備高原の言及

【高原】より

… 日本の中でも高原の名称の付されている地域には少なくとも2種類がある。一つは阿武隈高原,北上高原,美濃三河高原,飛驒高原,吉備高原,石見高原など,その名称が明治以来教科書に取り入れられ,第2次大戦後は国定の自然地域名称として地勢図上などで採用されているものである。ただし阿武隈,北上,飛驒の3者は〈高地〉という呼名に変更された。…

※「吉備高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉備高原の関連情報