コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準平原 じゅんへいげん peneplain

翻訳|peneplain

6件 の用語解説(準平原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準平原
じゅんへいげん
peneplain

浸食輪廻における終末期の地形。長期間浸食作用削剥作用の働きで,土地が浸食基準面近くまで低平化された小起伏の広い平坦面。準平原が隆起すると,隆起準平原となり,新輪廻の浸食が始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐へいげん【準平原】

長期の浸食作用のため、地表の起伏がなくなり、平原状となった地形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

準平原【じゅんへいげん】

浸食輪廻(りんね)の終地形として形成される平たんでやや波状の小起伏のある地形。おもに河川の浸食作用が長期間続き,しかも地盤運動があまりみられない場合にできると考えられている。
→関連項目原地形構造平野終地形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんへいげん【準平原 peneplain】

アメリカの地形学者W.M.デービスが提唱した浸食輪廻(りんね)説において,その終末期に現れる広域の小起伏面。〈平たんな堆積平野に準ずる〉という意味だが,この場合は古期の岩層やかつて山地をつくっていた複雑な地質構造が長い間の浸食削剝の時期を経過してつくられる平たん面またはゆるやかな波浪状の小起伏面である。したがって浸食平野であり岩石平野の一種であり,浸食基準面である海面に限りなく近い位置まで削られ低められた地形であるが,現在形成中のものは見あたらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅんへいげん【準平原】

地表面が長い間の浸食作用を受けてできた、ほとんど平らな地形。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準平原
じゅんへいげん
peneplain

侵食輪廻(りんね)説において、河食輪廻の最終期に形成される一連の平らな地表で、終地形ともいう。この術語は、アメリカの地理学者・地質学者であったW・M・デービスによって初めて使用されたもので、彼の著書『地理学(的)輪廻』Geographical Cycle(1895)によると、次のように記されている。「岩層の組織にあまり関係なく、侵食基準面に近接していることだけに影響されて形成された、一連のほとんど平らな地表面は、中途で乱(中絶)されない河食輪廻の最終期を特色づけるに相違ない」。この場合ほとんど「平らな」という表現は、定量的に記述されていないが、「どの方向にも、乗馬でトロットでき、自動車ではハイギヤで走行できるほどの起伏」であるという定義を後日表している。
 準平原の術語はデービスが創案したものであるが、その着想はそれ以前のアメリカ学派の成果を踏まえている。すなわち、準平原の概念の根底そのものは、アメリカの地形学のパイオニアであったパウエルJ. W. PowellやダットンC. E. Duttonなどにさかのぼる。パウエルは、乾燥地域の地表は海面下まで侵食されないことから、侵食基準面の概念を地形学に導入した。ダットンは侵食基準面の概念に、より正確な内容を与え、デービスが新しい発想を案出する素地を次のように記述している。すなわち「すべての地域の地表は、侵食基準面に向かって低下するように侵食されている。もし侵食期が長く続くならば、それらの地表面は順次侵食され、最終的には基準面に近い位置まで低下する」というものである。
 日本列島のように造山帯に属する所には、典型的な準平原は発達しがたいといわれている。ブラジル高原、中国東北部の南に位置する遼東(りょうとう)準平原、北朝鮮西方の楽浪(らくろう)準平原などは、この地形の好例とされている。輪廻説による準平原の形成は、原地形が形成されてから地盤運動が静止・緩慢であること、または地盤の隆起量だけ海面が上昇することなどを前提としている。したがって、長い地質時代にわたって造陸運動を受けた地域にその形成可能条件がある。地盤の隆起が著しい造山帯や乾燥地域や寒冷地域、気候変動や地盤運動の様式変化がたびたび繰り返された地域などでは、準平原の形成機構の研究は、今後に残されている。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準平原の関連キーワードアメリカの学者アメリカの声ボーマン残丘亜米利加汎アメリカ主義アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

準平原の関連情報