コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障泥破風 あおりはふ

大辞林 第三版の解説

あおりはふ【障泥破風】

「千鳥破風ちどりはふ」の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の障泥破風の言及

【破風】より

…破風板の形状で分けると,一般的な反り破風,反対に盛り上がる起り(むくり)破風,直線の直(すぐ)破風,前後の長さが異なる流れ破風,片方がごく短い招き破風,照起りの形をとる唐破風などとなる。江戸時代の書では千鳥破風を障泥(あおり)破風とし,切妻破風の前後に招き破風を設けた形式を千鳥破風としたものもある。破風は上部の合掌に組んだ部分を〈拝み〉,下部の両端を〈破風尻〉(または〈こじり〉)といい,拝みには懸魚(げぎよ)を付ける。…

※「障泥破風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android