コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破風 はふgable; barge-board

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

破風
はふ
gable; barge-board

切妻造入母屋造屋根の妻の三角形の部分。また切妻屋根棟木軒桁の先端に取付けた合掌型の装飾板 (破風板) をもいう。普通は凹曲線をなすが,途中が高くなった起 (むく) り破風,反転曲線から成る唐 (から) 破風がある。また尾根面につけられた千鳥破風向拝など片流れの縋 (すがる) 破風などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

破風【はふ】

搏風とも記す。切妻屋根につけられた合掌形の長い板,またその場所をいう。凹曲線の照り破風,凸曲線の起(むく)り破風,反転曲線の唐破風等がある。位置により切妻破風,入母屋(いりもや)破風,縋(すがる)破風,千鳥破風等と呼ぶ。
→関連項目唐門狐格子懸魚千木日吉造本棟造八棟造

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

破風

切妻や入母屋などにできる、妻側の三角形部分の造形。妻壁や破風板などを含む。寺院や城郭建築などで昇華された。一般住宅の妻壁部分には、下見板張などの板壁やモルタル、漆喰塗籠などの塗壁で仕上げられ、鼻母屋には破風板や化粧板金が付けられる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はふ【破風】

切妻造や入母屋(いりもや)造などの屋根の妻側(棟の端)において合掌形に付けられた板,あるいは,その板を組んだ部分をいう。搏風とも書き,甍(いらか)ともいわれる。
[日本]
 屋根の形式で分けると,切妻破風(切破風),入母屋破風のほか,屋根面の途中に棟を突き出して設けた据(すえ)破風,向拝(こうはい)や庇(ひさし)のように茅負(かやおい)や隅木に取り付く縋(すがる)破風,軒の中央に設けられた軒唐(のきから)破風がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

破風
はふ

切妻(きりづま)造や入母屋(いりもや)造の屋根の両端の三角部分。搏風(はふ)とも書く。三角形の斜辺に相当するところにつく板を破風板とよび、その頂点を拝(おが)みと称する。破風板は妻の垂木(たるき)を隠すためにつけられた飾り板で、棟木の木口を隠すために拝みの下に取り付ける飾りを懸魚(げぎょ)、破風板の中ほどにあって、もやの木口を隠す飾りを降懸魚(くだりげぎょ)という。屋根の流れの中間にあけられた三角部分は据(すえ)破風または千鳥(ちどり)破風ともいう。屋根の流れの先端からさらに庇(ひさし)を出したときの妻の部分は縋(すがる)破風とよばれる。破風の形には、直線的な直(すぐ)破風、両端が反り上がる反(そり)破風、中間が上向きに曲がる起(むく)り破風があり、玄関など入口によくみられる反転する形の破風は、とくに唐(から)破風という。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の破風の言及

【入母屋】より

…入母屋の屋根は,切妻と寄棟の特徴を兼ね備えており,力強い印象を与える三角形の妻をもちながら,建物の四周に軒びさしを巡らすことによって,外壁面を保護することができる。三角形の妻は破風(はふ)とも呼ばれ,その大きさは屋根こう配とは無関係に設定できる。すなわち,破風を小さくし,その立所(たてどころ)を深くした寄棟に近い入母屋とともに,江戸時代の寺社建築のように意識的に破風を大きく構えた,切妻に近い入母屋もある。…

【社寺建築構造】より

…檜皮葺きや柿葺きの棟は,近畿地方では瓦を積んだ瓦棟が多く,他の地方では木でつくった箱棟が多く,両端には外形が鬼瓦に似た鬼板を用いる。鬼瓦や鬼板のかわりに,円筒形の経巻(きようのまき)と呼ばれるものを3個のせた獅子口(ししぐち)が,唐破風(からはふ)などに使われる。なお,檜皮葺きや柿葺きには降棟や隅棟はなく,また神社建築では棟に堅魚木(かつおぎ)をのせ,両端に千木(ちぎ)をあげる。…

※「破風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

破風の関連キーワード長野県須坂市豊丘千木・知木・鎮木グリュプトテーク反り破風・反破風アクロテリオン掛け瓦・掛瓦向こう造り破風・搏風破風形星降り懸魚スコパス破風造り流れ破風起り破風障泥破風垂木形縋破風神明造反破風据破風

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破風の関連情報