コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠翅類 インシルイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隠翅類
いんしるい

昆虫綱に属するノミ類(目)の別称で、微翅(びし)類ともいう。名は、はねがないことに由来する。寄生生活によって、はねを失ったものと考えられ、一部の種では蛹(さなぎ)の時期に中胸に、はねの痕跡(こんせき)が認められる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の隠翅類の言及

【ノミ(蚤)】より

…ノミ目Siphonapteraに属する昆虫の総称。隠翅類Aphanipteraともいわれる。褐色の米粒ほどの小さい生きもので,ピョンピョンとぶ。…

※「隠翅類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

隠翅類の関連キーワードノミ(蚤)はね

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android