(読み)ノミ

デジタル大辞泉の解説

のみ【×蚤】

ノミ目の昆虫の総称。微小で、雌は雄より大きい。体は左右に扁平。翅(はね)をもたず、後ろ脚は発達し、よく跳躍する。口は管状で、哺乳類のほか鳥類に寄生して吸血し、伝染病を媒介するものもある。ヒトノミ・ネコノミ・イヌノミなど。隠翅(いんし)類。 夏》「―虱(しらみ)馬の尿するまくらもと/芭蕉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のみ【蚤】

ノミ目に属する昆虫の総称。体長1~3ミリメートルで、雌は雄よりも大形。左右に扁平で褐色。はねをもたず、一対の単眼のみで複眼をもたない。後肢は発達してよくはねる。雌雄ともに吸血性で、哺乳類や鳥類に寄生するほか、ネズミからペスト・発疹熱を媒介する種類もいる。世界に約2000種が知られる。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のみ【蚤】

〘名〙 ノミ(隠翅)目に属する昆虫の総称。体長一~三ミリメートルで、褐色。からだは左右に扁平で、はねは退化し、跳躍に適した三対の歩脚をもつ。哺乳類や鳥類の体表に寄生して、口にある剣状の大あごで吸血。雌は雄より大形で、雌雄とも血を吸う。世界に約一〇〇〇種、日本には約七〇種が分布し、種類は宿主によって異なることが多い。ヒトノミ、ネコノミ、イヌノミのほか、ペスト・発疹(はっしん)熱をネズミから媒介するケオプスネズミノミ、ヤマトネズミノミなどがある。《季・夏》
※小川本願経四分律平安初期点(810頃)「蠅・蚤(ノミ)・毒螫の属有ること无きこと有る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蚤の関連情報