コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミ

デジタル大辞泉の解説

のみ【×蚤】

ノミ目の昆総称。微小で、雌は雄より大きい。体は左右に扁平。翅(はね)をもたず、後ろ脚は発達し、よく跳躍する。口は管状で、哺乳類のほか鳥類に寄生して吸血し、伝染病を媒介するものもある。ヒトノミ・ネコノミ・イヌノミなど。隠翅(いんし)類。 夏》「―虱(しらみ)馬の尿するまくらもと/芭蕉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のみ【蚤】

ノミ目に属する昆虫の総称。体長1~3ミリメートルで、雌は雄よりも大形。左右に扁平で褐色。はねをもたず、一対の単眼のみで複眼をもたない。後肢は発達してよくはねる。雌雄ともに吸血性で、哺乳類や鳥類に寄生するほか、ネズミからペスト・発疹熱を媒介する種類もいる。世界に約2000種が知られる。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蚤 (ノミ)

学名:flea
動物。ノミ類の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蚤の関連キーワードホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann)ノミノツヅリ(蚤の綴り)ジョチュウギク(除虫菊)三宅 藤九郎(9代目)ノミノフスマ(蚤の衾)ファホウピーリャ公園蚤の息も天に上がる同音語のアクセント蚤の四月蚊の五月フリーマーケットポルノグラフィーヘプブリカ広場ジョチュウギクノッチングヒル安住 伊三郎虫のいろいろ鳴子[町]安住伊三郎食う・喰う骨箱を叩く

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蚤の関連情報