コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団定期保険

保険基礎用語集の解説

集団定期保険

個人定期保険に集団扱特約を付加した生命保険のことを指します。一定の団体に所属している多数の被保険者対象として1枚の一括保険証券で扱われる団体定期保険とは異なります。販売形態は、一定の会社、団体等一般集団に所鴇する者や、預金者集団、クレジット・カード加人者集団といった特別集団に属する者を対象に、一括集金可能な範囲で行い、保険料は集団割引が適用され、個人扱いで加入するより割安となっています。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android