コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団自決

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

集団自決

45年3月、米軍が慶良間列島に上陸後、慶留間島渡嘉敷島座間味島の住民計約600人が自決した。沖縄本島でも、各地で集団自決が起きた。旧日本軍が集団自決を命じたかを巡り、元軍人と遺族が05年8月に「沖縄ノート」著者の大江健三郎さんと出版元に出版差し止めなどを求めて提訴。文部科学省が今年3月に発表した教科書検定で「軍の強制」に修正を求める検定意見がついた。9月に沖縄で抗議の県民大会が開かれ、その後、5社が記述を復活させる訂正を文科省に申請した。

(2007-12-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

集団自決の関連キーワード沖縄戦の集団自決を巡る教科書検定問題「集団自決」をめぐる教科書の記述集団自決をめぐる教科書検定問題沖縄ノート訴訟と教科書検定沖縄ノート出版差し止め訴訟沖縄戦集団自決と教科書検定集団自決をめぐる教科書検定沖縄ノート訴訟と教科書問題満蒙開拓青少年義勇軍太平洋戦争史(年表)沖縄県島尻郡座間味村集団自決と教科書検定沖縄県島尻郡渡嘉敷村旧満州への開拓移民満州の難民収容所沖縄戦の集団自決沖縄ノート訴訟飯島 与志雄渡嘉敷(村)ひめゆり部隊

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団自決の関連情報