コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集祷文 しゅうとうぶんoratio collecta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集祷文
しゅうとうぶん
oratio collecta

ミサ用語で,一つの主題的祈願を中心とする公祷文で書簡の前に唱えられる。聖公会では特祷という。 collectaの名は集会または集約を意味し,古代にはその日の祭典の行われる参詣指定聖堂に行く前に,信者がほかの聖堂に集合するときに唱えたので,oratio ad collectam (集会者のために唱える祈り) というところに由来する。主として祈りと司祭の祝福とから成っていたが,のちにミサ文中に移し collectaの名を保存した。同じ祈りがその日の聖務日課中にも繰返される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android