集葯雄蕊(読み)シュウヤクユウズイ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうやく‐ゆうずい シフヤク‥【集葯雄蕊】

〘名〙 一つの花にある全部の雄しべの葯(やく)の部分が合着し管状となったもの。キク科の植物にみられる。〔植物学語鈔(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android