コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用の輸出 こようのゆしゅつexport of employment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用の輸出
こようのゆしゅつ
export of employment

対外直接投資により投資先国で雇用創出を行なうこと。大幅な輸出超過は,輸出先国において輸出品と競合する産業の業況を悪化させ,関連産業を含めて雇用機会を縮小する。これが失業の輸出と呼ばれる現象である。 1985年以降の円高の進行に伴い,日本からは電機,輸送機械産業を中心に北米,ヨーロッパ,東南アジア向けの対外直接投資が増加しているが,輸出の場合と異なり対外直接投資による現地生産では,投資先国における雇用機会の拡大が期待できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android