コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用の輸出 こようのゆしゅつ export of employment

1件 の用語解説(雇用の輸出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用の輸出
こようのゆしゅつ
export of employment

対外直接投資により投資先国で雇用創出を行なうこと。大幅な輸出超過は,輸出先国において輸出品と競合する産業の業況を悪化させ,関連産業を含めて雇用機会を縮小する。これが失業の輸出呼ばれる現象である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇用の輸出の関連キーワード海外直接投資間接投資対外直接投資資本輸出資金移転ルール資本収支(Capital Balance)直接販売農業法人投資育成会社グリーン・ジョブ(緑の雇用)緊急雇用創出事業臨時特例基金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone