コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑体書 ざったいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑体書
ざったいしょ

漢字の書体の名称で,意匠化された装飾文字の書体の総称。中国で文字の意匠化はすでに周代の兵器などにみられるが,六朝の晋,宋から斉,梁時代にかけて流行し,屏風などに彩色墨書を交ぜて 100~120体を書き,華麗を競うようになった。梁の蕭子良の『篆隷文体 (もんたい) 』には竜書,古文篆,亀書,雲書など 43種の雑体が図示されている。およそ唐代の頃まで行われ,正倉院の書屏風にも遺例が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雑体書の関連キーワード真言七祖像飛白

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android