コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑菌汚染 ざっきんおせんmicrobial contamination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑菌汚染
ざっきんおせん
microbial contamination

雑菌混入ともいう。微生物や高等生物の組織を純粋培養する場合に,異種の微生物が外から混入して発育すること。雑菌汚染は極力避けなければならない。そのために,実験室では器具,容器,培地などを加熱,加圧蒸気などで接種前にあらかじめ滅菌を行う。また,微生物を取扱う操作は無菌室あるいは無菌箱の中で行う。工業的発酵においては,培地を含むバイオリアクターは加圧蒸気で滅菌し,エアフィルタを通して無菌化した空気を供給するようにして雑菌汚染には十分注意が払われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

雑菌汚染の関連キーワード初呑(の)み切り混合培養連続培養発酵槽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑菌汚染の関連情報