コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離脱方向 りだつほうこう

1件 の用語解説(離脱方向の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

離脱方向

主に大会の時、パイロンをクリアーしてから機体が離れて行く方向の事を意味する。例)進入方向と離脱方向との延長線の2等分線を中心として左右に45度に開いた扇状でパイロンのその点を中心に半径1Kmの範囲を選手は通過或いは写真撮影しなければならない。サーマルにより高度を獲得した後、どちらの方向にむかうか?と言う時に「サーマルからの離脱方向は南へ」 雲中飛行になった時、その雲から脱出する場合の方向も「離脱方向を南にしろ!」などと使う場合がある。

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離脱方向の関連情報