コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離脱方向 りだつほうこう

1件 の用語解説(離脱方向の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

離脱方向

主に大会の時、パイロンをクリアーしてから機体が離れて行く方向の事を意味する。例)進入方向と離脱方向との延長線の2等分線を中心として左右に45度に開いた扇状でパイロンのその点を中心に半径1Kmの範囲を選手は通過或いは写真撮影しなければならない。サーマルにより高度を獲得した後、どちらの方向にむかうか?と言う時に「サーマルからの離脱方向は南へ」 雲中飛行になった時、その雲から脱出する場合の方向も「離脱方向を南にしろ!」などと使う場合がある。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離脱方向の関連キーワードパイロットジャイロパイロットパイロンアイロンパーマネントザハリアーシュ広場ノーアイロンシャツパイロットシャツクラペイロンの式シリンダーセクターパイロンレース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離脱方向の関連情報