コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離脱方向 りだつほうこう

パラグライダー用語辞典の解説

離脱方向

主に大会の時、パイロンをクリアーしてから機体が離れて行く方向の事を意味する。例)進入方向と離脱方向との延長線の2等分線を中心として左右に45度に開いた扇状でパイロンのその点を中心に半径1Kmの範囲を選手は通過或いは写真撮影しなければならない。サーマルにより高度を獲得した後、どちらの方向にむかうか?と言う時に「サーマルからの離脱方向は南へ」 雲中飛行になった時、その雲から脱出する場合の方向も「離脱方向を南にしろ!」などと使う場合がある。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離脱方向の関連情報