コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離脱方向 りだつほうこう

パラグライダー用語辞典の解説

離脱方向

主に大会の時、パイロンをクリアーしてから機体が離れて行く方向の事を意味する。例)進入方向と離脱方向との延長線の2等分線を中心として左右に45度に開いた扇状でパイロンのその点を中心に半径1Kmの範囲を選手は通過或いは写真撮影しなければならない。サーマルにより高度を獲得した後、どちらの方向にむかうか?と言う時に「サーマルからの離脱方向は南へ」 雲中飛行になった時、その雲から脱出する場合の方向も「離脱方向を南にしろ!」などと使う場合がある。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

離脱方向の関連キーワードFAIセクター

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離脱方向の関連情報