コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延長線 エンチョウセン

デジタル大辞泉の解説

えんちょう‐せん〔エンチヤウ‐〕【延長線】

線分の一端から、さらに引き延ばした半直線。「線分ABの延長線と円周との交点」
基本方針をさらに先へ進めること。「趣味の延長線で小さな店をもつ」
既設の交通路線を、さらに先へ延ばすこと。また、そのようにして延ばした路線。「隣県への延長線が開通する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんちょうせん【延長線】

線分の一端をさらにその方向に引き延ばした半直線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

延長線の関連キーワードツァラトゥストラはこう語ったロバート・A. ハインライン第3.5世代コンピュータキトラ古墳(亀虎古墳)コンバージョンキックスターンズワーフアレイクサンドレル・シャプリエ法スキャンライン法スリット・カメラ地上誘導着陸装置アッカーマン機構フェイスブックシェーンベルクパフォーマンスブッツァーティFAIセクターグランダルシュオレゴン問題マスク依存症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延長線の関連情報