コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波三蔵 なにわ さんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波三蔵 なにわ-さんぞう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫,浄瑠璃・歌舞伎作者。
大坂の城入医師。陸奥茂太夫(みちのく-しげたゆう)の門人。延享2年(1745)陸竹(むつたけ)座の太夫元となる。春草堂の名で浄瑠璃「女舞劔紅楓(おんなまいつるぎのもみじ)」や歌舞伎「染綱武蔵鐙(そめたづなむさしあぶみ)」などをかいた。寛延2年からは難波三蔵の名で,豊竹座の浄瑠璃作者となる。俳人としても知られ,俳号は二条庵笛十。太夫名は陸竹佐和(和佐)太夫,のち小和泉太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

難波三蔵の関連キーワード陸竹小和泉太夫一谷嫩軍記若竹笛躬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android