雨、塊を破らず(読み)あめ、つちくれをやぶらず

故事成語を知る辞典の解説

世の中がよく治まっていることのたとえ。

[由来] 「塩鉄論すいかん」に出て来る一節から。世の中がよく治まっているときには自然災害さえ生じないもので、「雨は塊を破らず、風はえだを鳴らさず(が降っても土砂崩れを起こすほどではなく、風は吹いても木のを鳴らすほどではない)」と述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android