コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨垂り アマダリ

デジタル大辞泉の解説

あま‐だり【雨垂り】

あまだれ。
「簷端(のきば)を繞(めぐ)る―も何と無く物凄じく」〈鉄腸・花間鶯〉
軒の雨だれが落ちる所。
「坊主が秘蔵の水瓶を、―の石に打ち当ててうち割りて置きつ」〈沙石集・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまだり【雨垂り】

あまだれ。 〔日葡〕
あまだれの落ちてくる所。あまおち。 「あたらしき不動尊、しばし-におはしませ/宇治拾遺 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone