コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨塊を破らず アメツチクレヲヤブラズ

デジタル大辞泉の解説

雨(あめ)塊(つちくれ)を破らず

《「塩鉄論」水旱(すいかん)から》降る雨が静かに土を壊さずしみ込む意から、世の中がよく治まっているさまをたとえていう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あめつちくれをやぶらず【雨塊を破らず】

〔塩鉄論 水旱
雨が静かに降って土をいためない。世の中が泰平であることをいう。 → 風枝を鳴らさず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone