コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨食 ウショク

3件 の用語解説(雨食の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う‐しょく【雨食】

雨水による浸食作用

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うしょく【雨食】

降雨による浸食作用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨食
うしょく

降雨が原因となって生ずる侵食。雨食には布(面)状侵食、雨溝侵食および雨滴侵食とがある。
 布状侵食(または面状侵食)は、雨が斜面上を面的に流れて侵食する現象で、乾燥地域で、たまに降る豪雨によってしばしば布状洪水が生じて、斜面上の物質を流去する現象がおこる。これが、乾燥地域に広く分布するペディメントpedimentと称する緩斜面の形成の最大の原因と称される。湿潤地域でも台風や前線に伴う豪雨によって布状侵食が生ずるが、観察によると布状の流れの距離は案外短く、これを繰り返すことによって斜面上の物質を下方へ運搬する。
 雨溝侵食は、雨水が斜面上を流れて多数の溝を形成して侵食を行う現象で、農業機械が横断できない程度の大規模な雨溝による侵食をガリーgully侵食、小規模な雨溝による侵食をリルrill侵食という。雨滴侵食は、雨滴の打叩(だこう)エネルギーによって土壌の粒団構造が破壊されて、運搬しやすい状態にするとともに、斜面上では流水が生じなくとも土壌を斜面下方に運搬する。これをスプラッシュsplash侵食とも称し、布状、雨溝侵食とともに土壌侵食の形式となっている。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雨食の言及

【浸食作用】より

風化作用によってあらかじめ地表が風化生成物の岩屑や土壌に覆われている状態は,浸食の進みにとってつごうがよいが,風化作用は浸食の前提として必須というわけではない。 浸食erosionはラテン語のerodo(嚙(かじ)り取る)に由来する語で,その作用(営力)の種類によって雨食,河食,雪食,氷食,溶食,風食などが区別される。浸食営力の種類によって生ずる地形の特色が異なるので,浸食は地形を理解するためにも重要な意味をもっている。…

※「雨食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雨食の関連キーワード海食削剥作用浸食輪廻水食波食海蝕ブラステーションフルロージョングレイシオルヴィアル河食作用

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone