雪玉集(読み)セツギョクシュウ

大辞林 第三版の解説

せつぎょくしゅう【雪玉集】

三条西実隆さねたかの私家集。1670年刊の一八巻本などがある。約八千首。題詠・法楽歌を主とする。自撰の「再昌草」とともに室町歌壇の状況を知る資料となる。三玉集の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せつぎょくしゅう セツギョクシフ【雪玉集】

室町時代の私家集。三条西実隆作。天文六年(一五三七)頃成立か。寛文一〇年(一六七〇)刊の十八巻本などがあり、題詠と法楽歌が大部分を占めている。後柏原天皇の「柏玉集」、冷泉政為の「碧玉集」とともに三玉集と呼ばれ、江戸時代の二条派歌人に重視された。聴玉集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android