コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲居なす クモイナス

2件 の用語解説(雲居なすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くもい‐なす〔くもゐ‐〕【雲居なす】

[枕]
雲のかかる遠くの意から、「遠く」にかかる。
「隼人(はやひと)の薩摩(さつま)の瀬戸を―遠くも我は今日見つるかも」〈・二四八〉
雲のように揺れ動く心の意から、「心」にかかる。
「―心もしのに立つ霧の思ひ過ぐさず」〈・四〇〇三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くもいなす【雲居なす】

( 連語 )
〔慣用的に用いられる副詞句。枕詞とする説もある〕
雲がただようようにゆれ動く意から、「心いさよふ」「心もしのに」に連なる。 「 -心もしのに立つ霧の/万葉集 4003
雲のかかっている、はるかかなたの意から、「遠し」に連なる。 「 -遠くもわれは今日見つるかも/万葉集 248

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone