コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲居なす クモイナス

2件 の用語解説(雲居なすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くもい‐なす〔くもゐ‐〕【雲居なす】

[枕]
雲のかかる遠くの意から、「遠く」にかかる。
「隼人(はやひと)の薩摩(さつま)の瀬戸を―遠くも我は今日見つるかも」〈・二四八〉
雲のように揺れ動く心の意から、「心」にかかる。
「―心もしのに立つ霧の思ひ過ぐさず」〈・四〇〇三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くもいなす【雲居なす】

( 連語 )
〔慣用的に用いられる副詞句。枕詞とする説もある〕
雲がただようようにゆれ動く意から、「心いさよふ」「心もしのに」に連なる。 「 -心もしのに立つ霧の/万葉集 4003
雲のかかっている、はるかかなたの意から、「遠し」に連なる。 「 -遠くもわれは今日見つるかも/万葉集 248

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲居なすの関連キーワード青雲の天離る君が着る君が代の遠つ人波雲の弱竹の百伝ふ空蝉の隠りくの

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone