コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲居なす クモイナス

デジタル大辞泉の解説

くもい‐なす〔くもゐ‐〕【雲居なす】

[枕]
雲のかかる遠くの意から、「遠く」にかかる。
「隼人(はやひと)の薩摩(さつま)の瀬戸を―遠くも我は今日見つるかも」〈・二四八〉
雲のように揺れ動く心の意から、「心」にかかる。
「―心もしのに立つ霧の思ひ過ぐさず」〈・四〇〇三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもいなす【雲居なす】

( 連語 )
〔慣用的に用いられる副詞句。枕詞とする説もある〕
雲がただようようにゆれ動く意から、「心いさよふ」「心もしのに」に連なる。 「 -心もしのに立つ霧の/万葉集 4003
雲のかかっている、はるかかなたの意から、「遠し」に連なる。 「 -遠くもわれは今日見つるかも/万葉集 248

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲居なすの関連キーワード万葉集遠く

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android