コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲龍型 うんりゅうがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲龍型
うんりゅうがた

横綱土俵入りの型。不知火型 (しらぬいがた) とともに2種類あるうちの一つ。文久1 (1861) 年に 10代目横綱を免許された雲龍久吉の型といわれる。せり上げるときに左手を脇にし,右手を側方に伸ばす型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

雲龍型の関連キーワード梅ヶ谷藤太郎(2代)手数入り葛城天城

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲龍型の関連情報