コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不知火型 しらぬいがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不知火型
しらぬいがた

横綱土俵入りの二つある型の一つ。文久3 (1863) 年に 11代目横綱を免許された不知火光右衛門が始めた型といわれる。四股のあと,せり上がりに,腕を左右に大きく開くことが特徴で,攻撃的で豪快な型。横綱の結び目は雲龍型の一輪に対して二輪。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しらぬいがた【不知火型】

横綱の土俵入りの型の一。第一一代横綱不知火光右衛門の創始という。綱の結び目が両輪で、構えは両手を同時に横に広げる。 → 雲竜型

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の不知火型の言及

【土俵入り】より

…当時は腰にまとうしめ縄を〈横綱〉といい,尊称であっても番付上の地位の名称ではなかったから,横綱土俵入りというようになったのは,明治時代初期のころからである。現在,横綱土俵入りの型には,雲竜型と不知火(しらぬい)型の二つがある。一方の幕内土俵入りは,横綱土俵入りの祖型である四股踏みと手を前方に伸ばす動作を行っていたが,明治中期ごろになって上段の三役,前頭の枚数が増えたため,これまでのように,大きく四股を踏んで手を伸ばすのには土俵が狭いので,四股踏みは,化粧まわしの端をちょっとつまんで上げる動作に変え,大きく手拍子を打っていたのを軽く手を合わせることに簡略化するようになり,現在に及んでいる。…

※「不知火型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不知火型の関連キーワード太刀山峰右衛門白鵬翔

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不知火型の関連情報