コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気マイクロメータ でんきマイクロメータelectric comparator; electric micrometer

1件 の用語解説(電気マイクロメータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気マイクロメータ
でんきマイクロメータ
electric comparator; electric micrometer

機械的な微小変位を電気量に変換して指示する比較測長器 (コンパレータ) 。電気量に変換する方式には差動変圧器式,可変容量式,可動鉄片式などがあるが,差動変圧器式が最も広く用いられている。このマイクロメータは感度が高く,フルスケール 10μm,感度が 0.01μm程度のものは珍しくない。また,遠隔指示や記録が容易にできるので,機械式,光学式のものに代って広く用いられている。この種のもので,変換された電気信号を電子回路によって増幅・指示するものを電子マイクロメータということもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone