比較測長器(読み)ひかくそくちょうき

  • ひかくそくちょうき ‥ソクチャウキ
  • ひかくそくちょうき〔ソクチヤウキ〕
  • 比較測長器 comparator

百科事典マイペディアの解説

コンパレーターcomparatorとも。ブロックゲージその他の標準ゲージを基準として,被測定物の長さを比較,その差を拡大して求める測定器の総称。拡大機構によって,ダイヤルゲージマイクロメーターなどの機械式,光てこや光の干渉を利用した光学式のほか,空気流を利用する空気マイクロメーター,電気量に変換して示す電気マイクロメーター,光電素子と光格子を用いた光電式などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンパレーターともいう。比較測長器は,物体の長さと測定する物体の寸法とほぼ等しい長さのブロックゲージや標準ゲージなどの標準の長さとを置き換え,それらの差を測定器のもつ拡大機構によって指針の振れとして求める測定器である。拡大機構には機械式,光学式,電気式,空気式およびそれらの組合せ式が用いられる。機械式拡大にはてこ,平行薄片,ねじり薄片,歯車,ねじなどを用いている。この代表例は指針測微器,ダイヤルゲージ,マイクロメーターなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二個の拡大鏡を有し、標準物差と比較しながら正確に物の長さを測定する装置。コンパレーター。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の比較測長器の言及

【測長器】より

…長さ計は,主として,ものさし,はさみ尺(例えばノギス),回転尺(回転部の周長で求めるもので,例えばタクシーメーター)などを指すことが多いが,なかには長さ測定用機器を総称することもある。拡大機構を有する長さ測定器には,それ自身の中に標準片をもっているマイクロメーターや測長器と,標準片をそれ自身の中にもたない指針測微器,ダイヤルゲージ,電気マイクロメーターなどとがあり,後者を比較測長器あるいはコンパレーターと呼んでいる。 測長器の標準片として,マイクロメーターねじ,標準尺,エンコーダーなどが用いられ,横型と縦型とがある。…

※「比較測長器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android