電池電力貯蔵(読み)でんちでんりょくちょぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電池電力貯蔵
でんちでんりょくちょぞう

鉛蓄電池などの電池に電力を蓄える方式。電力需要の昼夜間の差の解消,すなわち負荷平準化に有力な方法の一つとして考えられている。既存技術である鉛蓄電池のほか,ナトリウム-硫黄,レドックスフロー型などのいわゆる新型電池の技術開発が積極的に進められている。比較的小容量でも高効率で,立地に制約が少ないため,都市の内部にも設置可能である。交流の電力系統との間には交直変換器を必要とする。日本では変換器容量が 1000kW,貯蔵容量が 4000kWhの貯蔵装置の実証試験が行なわれている。海外でもアメリカ,ドイツで実証試験が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android