コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変換器 へんかんき transducer

翻訳|transducer

3件 の用語解説(変換器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変換器
へんかんき
transducer

電気応用計測において,測定の対象となる各種の量を,電圧,電流,周波数などの電気量に変換するもので,さらにそれを増幅する二次変換器に対して一次変換器とも呼ばれる。変換にはさまざまの物理的な原理や効果を利用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

変換器【へんかんき】

電気エネルギーまたは電気信号の伝達系を変換する装置。一般に電力関係でコンバーター変換機),通信関係でトランスデューサーtransducerと呼ぶが,近時は両者を区別せずコンバーターconverterということが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変換器
へんかんき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変換器の関連キーワードエネルギー代謝化学エネルギー核エネルギー強電電気電池熱エネルギー電気エネルギー二次エネルギーエネルギー学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変換器の関連情報