コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁的記録不正作出及び供用罪 デンジテキキロクフセイサクシュツオヨビキョウヨウザイ

デジタル大辞泉の解説

でんじてききろくふせいさくしゅつおよびきょうよう‐ざい【電磁的記録不正作出及び供用罪】

他人の事務処理を誤らせる目的で、それに使う電磁的記録を不正に作ったり供したりする罪。刑法第161条の2が禁じ、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。この電磁的記録が公的な物の場合は、10年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる。電磁的記録不正作出罪電磁的記録不正供用罪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

電磁的記録不正作出及び供用罪の関連キーワード文書偽造罪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android