電磁的記録(読み)でんじてききろく(英語表記)electromagnetic record

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「電磁的記録」の解説

電磁的記録
でんじてききろく
electromagnetic record

磁気テープ磁気ディスクなどのように,コンピュータによる情報処理に用いられる記憶媒体。 1987年に刑法典に導入された新規定によると,電磁的記録とは,電子的方式,磁気的方式そのほか人の知覚をもって認識することのできない方式により作られた記録で,コンピュータの用に供せられるものと定義されている (7条ノ2) 。キャッシュカードの磁気ストライプ部分,プリペイドカード裏面なども刑法にいう電磁的記録である。現行刑法上は,電磁的記録の不正作出 (161条ノ2) ,虚偽の電磁的記録を利用した財産侵害 (246条ノ2) ,電磁的記録の損壊毀棄 (234条ノ2,258条,259条) などが処罰される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「電磁的記録」の解説

でんじてき‐きろく【電磁的記録】

人の知覚では認識できない、電子式・磁気式・光学式などの方法で記録され、コンピューターで処理される記録。ハードディスク・CD・DVDなどに蓄積される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android