コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁継手 でんじつぎてelectromagnetic coupling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁継手
でんじつぎて
electromagnetic coupling

原動機と負荷との間に取付け,磁界によって両者を結合するものである。誘導電動機多相交流による回転磁界により回転子に回転を導くのに対し,電磁継手は直流励磁による界磁極を機械的に回転磁界とし,相手方を回転に導く点が異なっている。励磁を加減することによって,伝達動力を自由に加減できる。構造上,ドラム型,籠型,高抵抗籠型,巻線型の別がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

電磁継手の関連キーワード原動機

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android