コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多相交流 たそうこうりゅうpolyphase current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多相交流
たそうこうりゅう
polyphase current

周波数,振幅が同じで位相の異なる多数の正弦波組合せを多相交流という。組合せの数が n個の場合,それぞれの位相の差はどれも同じ2π/nで,これを n相交流という。 n=3の三相交流が最も広く用いられる。電源や負荷との接続方法には星形接続Δ 接続とがあり,n本の導線で回路を構成することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たそう‐こうりゅう〔タサウカウリウ〕【多相交流】

周波数が等しく、位相が異なる二つ以上の交流を一組にした電流誘導電動機始動が容易な三相交流が広く用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

多相交流の関連キーワードM.v. ドリボ・ドブロウォルスキードリボ・ドブロボルスキーフェラリス回転磁界電磁継手単相交流周波数テスラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android