コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電縫鋼管 でんほうこうかんelectric welded tube

1件 の用語解説(電縫鋼管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電縫鋼管
でんほうこうかん
electric welded tube

電気抵抗溶接した鋼管のこと。コイル状の帯鋼を酸洗いし,冷間圧延して,厚さを均一にして焼きなましたあと数組のロールを通して管状の素管とし,次いで電気抵抗溶接機で突き合せ溶接してつくられ,製造寸法は外径 6.3mmから 660mmにわたる。第2次世界大戦後,最も生産量がふえた品種で,全鋼管生産量の半分以上を占めている。製管法からいえば溶接鋼管に含まれるが,特に 1950年代後半のストリップミルの発達普及によって継ぎ目なし鋼管の地位に取って代ったといってもよく,用途は配管用,特殊配管用,電線管用などが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電縫鋼管の関連情報