コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯鋼 おびこうhoop

翻訳|hoop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯鋼
おびこう
hoop

鋼塊を圧延して帯状にした鋼板。普通厚さ 3mm以下で幅 500mm以下のものをさす。多くはコイル状 (薄いもので長さ 1000m以上) で出荷される。帯鋼圧延機による加工や広幅鋼を縦剪断して製造される。一般に熱間圧延による熱圧延帯鋼 (黒帯鋼) が多いが,その2~3割以上がさらに冷間圧延され,表面の均一で美しい光沢をもつ磨き帯鋼として利用される。用途はドラム缶材,車両用材,電気機器部材,農機具,玩具など広範囲にわたる。また炭素鋼,刃物鋼,ステンレス鋼などを素材とした磨き特殊帯鋼があり,安全かみそり刃,ぜんまい帯鋸などに利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おび‐こう〔‐カウ〕【帯鋼】

薄く長い帯状の鋼板。ふつう厚さは6ミリ以下。ストリップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

帯鋼【おびこう】

長い帯状の鋼板。コイル状に巻いてある。幅50cm未満,厚さ0.9〜4.5mm。軽量形鋼溶接鋼管などの素材となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おびこう【帯鋼】

鋼塊を圧延機で帯状に長く圧延した鋼材。ストリップ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帯鋼
おびこう

帯状に著しく長い板状に圧延された鋼材。ストリップstripともいう。切断して板となり、また丸めて管をつくる素材として用いられる。[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

帯鋼の関連キーワードベスレヘム・スチールストリップ・ミルスパイラル鋼管ストリップミル熱間圧延鋼材アプト式鉄道ころがり軸受大同特殊鋼ビレット高砂鐵工圧延鋼材東京製鐵電縫鋼管池谷正成日本金属広幅帯鋼黒皮帯鋼谷本鐵鋼鉄鋼業厚鋼板

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android