帯鋼(読み)おびこう(英語表記)hoop

翻訳|hoop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯鋼
おびこう
hoop

鋼塊を圧延して帯状にした鋼板。普通厚さ 3mm以下で幅 500mm以下のものをさす。多くはコイル状 (薄いもので長さ 1000m以上) で出荷される。帯鋼圧延機による加工や広幅鋼を縦剪断して製造される。一般に熱間圧延による熱圧延帯鋼 (黒帯鋼) が多いが,その2~3割以上がさらに冷間圧延され,表面の均一で美しい光沢をもつ磨き帯鋼として利用される。用途はドラム缶材,車両用材,電気機器部材,農機具,玩具など広範囲にわたる。また炭素鋼,刃物鋼,ステンレス鋼などを素材とした磨き特殊帯鋼があり,安全かみそり刃,ぜんまい帯鋸などに利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おびこう【帯鋼】

鋼塊を圧延機で帯状に長く圧延した鋼材。ストリップ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帯鋼
おびこう

帯状に著しく長い板状に圧延された鋼材。ストリップstripともいう。切断して板となり、また丸めて管をつくる素材として用いられる。[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おび‐こう ‥カウ【帯鋼】

〘名〙 帯状に長くて薄い鋼(はがね)。箱や樽に巻きつけるのに使う。
※日本拝見‐呉(1955)〈臼井吉見〉産業革命「最新式のアメリカ製の機械を据えつけて、帯鋼をつくっている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android