コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

需要曲線 じゅようきょくせん

大辞林 第三版の解説

じゅようきょくせん【需要曲線】

財の価格と需要量との関係を示す曲線。縦軸に価格、横軸に需要量をとったグラフにおいて、需要曲線は一般に右下がりの線で示される。 ⇔ 供給曲線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の需要曲線の言及

【需要関数】より

…そのうちxiに最も大きな影響を及ぼすのは,それ自身の価格piであるが,第i財と代替的関係にある財の価格が上昇すればxiは増加し,第i財と補完的関係にある財の価格が上昇すればxiは減少する。需要関数をpixiからなる平面に投影して描いたものは需要曲線demand curveと呼ばれる。したがって,pi以外の財価格の変化の影響は,需要曲線のシフトとして表すことができる。…

※「需要曲線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

需要曲線の関連キーワードスミス(Vernon L. Smith)ポール・マーロー スウィージー不完全競争の経済学均衡理論(経済学)独占的競争の理論需要・供給の法則合理的予想仮説クールノーの点屈折需要曲線くもの巣理論カーンの定理スウィージー為替心理説マンゴルト流動性の罠デュピュイ不均衡分析信用割当て独占的競争消費者余剰

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

需要曲線の関連情報