コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

需要関数 じゅようかんすう

大辞林 第三版の解説

じゅようかんすう【需要関数】

消費者がどの価格のときにどれだけの数量の財を購入するかというスケジュールを表す関数。企業が生産要素を購入するときは要素需要関数と呼ぶ。またある財に対する各個人の需要を合計したものを市場需要関数ないし社会的需要関数と呼ぶ。 → 需要曲線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅようかんすう【需要関数 demand function】

市場条件の変化に対応して買手の計画する需要量がどのように変化するかを関数の形に書き表したもの。個別主体の個別需要関数と,市場に集計量として現れる市場需要関数とに区別されるが,一般にxiを第i財の需要量,pjを第j財の価格とするとき,需要関数はxiDi(p1,p2,……,pj,……,pn)と表される。ただし,nは関連するすべての財の種類の数である。そのうちxiに最も大きな影響を及ぼすのは,それ自身の価格piであるが,第i財と代替的関係にある財の価格が上昇すればxiは増加し,第i財と補完的関係にある財の価格が上昇すればxiは減少する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の需要関数の言及

【一般均衡理論】より

…彼はその所得と価格のもとで効用を最大にするように各生産物とサービス(彼の余暇を含む)の需要量を決定するものと仮定すれば,その最適解は諸価格と所得に依存して決定される。この対応関係は各財について一つずつ定まるが,それが彼の需要関数を与えることになる。市場の需要関数は,それを個人について合計することによって得られる。…

※「需要関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

需要関数の関連キーワードムーア(Henry Ludwell Moore、統計経済学者)カッセル(Gustav Cassel)雇用・利子および貨幣の一般理論クールノ=ナッシュ均衡モデル・ビルディング均衡理論(経済学)H.L. ムーア需要・供給の法則純粋経済学要論有効需要の原理計量経済学顕示選好識別問題需要曲線主体均衡一般均衡比較静学労働需要ムーア関係

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android