コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊江周徹 れいこう しゅうてつ

1件 の用語解説(霊江周徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊江周徹 れいこう-しゅうてつ

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。元(げん)(中国)にわたり,鳳台寺の古林清茂(くりん-せいむ)にまなぶ。帰国後夢窓疎石(むそう-そせき)(1275-1351)の法をつぎ,天竜寺首座(しゅそ)となる。のち播磨(はりま)(兵庫県)に瑞光寺,宝光寺をひらいた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

霊江周徹の関連キーワード心王向阿雲山智越鑑翁士昭少室慶芳千峰本立象先文岑方涯元圭卍庵士顔無住思賢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone