コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古林清茂 くりんせいむGu-lin-ging-mao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古林清茂
くりんせいむ
Gu-lin-ging-mao

[生]景定3(1262)
[没]天暦2(1329).11.22.
中国,元の禅僧。温洲 (浙江省) の人。 10歳で出家。号は休居叟,禅師号は仏性。晩年南京の保寧寺に住し,日本の入元僧で彼の教えを請うた者が多く,その墨跡は日本に数点伝存し,尊重されている。闊達な書風で『与別源円旨送別偈 (げ) 』 (国宝五島美術館) ,『月林道号』 (国宝,長福寺) などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の古林清茂の言及

【五山文学】より

… 作者には,初期には一山一寧(いつさんいちねい),雪村友梅(せつそんゆうばい),虎関師錬(こかんしれん)らがおり,彼らは宋代の中国の禅林文学の影響をうけている。やがて元代に古林清茂(くりんせいむ)という僧が出て,金陵の保寧寺にあり,仏教者の文学があまりに俗に走るのに激して,文学活動を偈頌の範囲にとどめる運動を行った。その影響をうけたのが南北朝時代以後に活躍した竜山徳見,石室善玖,竺仙梵僊(じくせんぼんせん),義堂周信(ぎどうしゆうしん)らである。…

※「古林清茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古林清茂の関連キーワード竺仙梵僊嵩山居中月林道皎了庵清欲天岸慧広古先印元絶海中津孤峰覚明東陵永璵寂室元光中巌円月雪村友梅石室善玖竜山徳見霊江周徹鉄舟徳済天暦大智

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android