コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霍山 かくざん

1件 の用語解説(霍山の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霍山
かくざん / フオシャン

中国、安徽(あんき/アンホイ)省西部にある山。北西は大別(だいべつ/ターピエ)山脈に接し、北東は2筋の丘陵に分かれる。その一つは巣湖(そうこ/チャオフー)の南にあって北(ほくきょう)山とよばれ、他の一つは湖の北にあって嘉山(かざん)県の東にまで延びる。主峰白馬尖(はくばせん)(1774メートル)は霍山県の南にある。霍山は北東から南西に走り、大別山脈の向きをほとんど直角にねじ曲げた形となる。そのため霍山弧ともよばれる。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の霍山の言及

【安徽[省]】より

…略称は皖。
[自然]
 南西の湖北省との境には大別山地があり,それより派出する霍山(かくざん)が北東に低く延び断続的につづく丘陵群(江淮丘陵)を形成する。山地より丘陵に移行する南側は陥没地となり,中央に巣湖(面積820km2)がある。…

【五岳】より

…国家祭祀の制度としては漢の武帝に始まり,漢の宣帝が確定した。当時は南岳は霍山(かくざん)(安徽省天柱山)であったが,隋以後,南岳は湖南省衡山に改められ,北岳ももとは河北省曲陽県の大茂山が恒山とされていたが,明以後,山西省渾源(こんげん)県の玄武峯を恒山と呼ぶことになった。【河野 通博】。…

※「霍山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone