大別山脈(読み)タイベツサンミャク

百科事典マイペディアの解説

大別山脈【だいべつさんみゃく】

中国中部,淮(わい)河と長江の間の山脈。両河の分水山脈をなし,湖北省と河南・安徽両省の境界を北西〜南東に走る。平均標高は1000m前後。最高峰は天堂寨(1729m)。
→関連項目華北平原

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいべつさんみゃく【大別山脈】

中国の中部を東西に走る山脈。淮河わいがと長江の分水嶺をなす。ターピエ山脈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大別山脈
だいべつさんみゃく / ターピエシャン

中国東部、河南、湖北、安徽(あんき)各省の省境を北西から南東に走る山脈。陝西(せんせい)省南部の東西走向をもつ秦嶺(しんれい)山脈の東支脈で、西は桐柏(とうはく)山脈、東は霍(かく)山と接する。平均標高1000メートル、東部の湖北、安徽両省との省境付近がもっとも高く、主峰は天堂寨(てんどうさい)(1729メートル)。北の淮河(わいが)水系と南の揚子江(ようすこう)系との分水嶺(ぶんすいれい)をなす。また、北からの寒波の侵入を防ぎ、南と北の地域では年平均二度の温度差がある。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android