霞晴山(読み)かせいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霞晴山 かせいざん

?-? 江戸時代後期の陶工。
寛政(1789-1801)のころ江戸四谷でつくられた巧妙な楽焼にその名がしばしばみられるという。楽焼ではなく京焼とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android