コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京焼 きょうやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京焼
きょうやき

桃山・江戸時代から京都で焼かれる陶磁器の総称。ただし通常楽焼は除外する。器形と上絵付けのよく整っているのが特色。初期には京都の押小路,深草などで釉陶が焼かれていたが,明暦初年 (1655頃) ,野々村仁清によって京焼の典型が完成された。これ以後,窯場は粟田口から八坂,音羽,清水,清閑寺など東山周辺および黒谷,御菩薩 (みぞろ) などへも広がり,高松焼,赤膚焼など地方諸窯にも影響を及ぼした。江戸時代中期には尾形乾山が仁清の様式に楽焼風を加味した新様式を樹立,末期には奥田頴川 (えいせん) ,青木木米 (もくべい) ,永楽保全らの名工が出て京焼第2の黄金時代を開いた。明治以降は清水寺周辺に陶工が集結したが,これは清水焼と呼んで江戸時代の京焼とは区別している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

京焼【きょうやき】

京都で作られた陶磁器の総称。江戸初期すでに粟田口,八坂,音羽,清水,御菩薩(みぞろ),修学院,清閑寺,押小路などに窯があったが,17世紀中ごろ野々村仁清,次いで尾形乾山が出て,京焼独特の優雅な色絵様式を完成,地方の高松,虫明(むしあけ),赤膚,淡路の諸窯にも影響を与えた。
→関連項目赤膚焼金襴手

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうやき【京焼】

桃山時代以降,京都で作られた陶磁器の総称。ただし一般に楽焼(聚楽焼)は含まない。桃山時代末,茶の湯の興隆とともに茶器焼造の窯として始められたとみられている。はじめは瀬戸あるいは美濃の陶工らが三条粟田口に開窯し,唐物や古瀬戸写しの茶入,当時流行の高麗茶碗(御本(ごほん),呉器,伊羅保)などの写しものを作った。しだいに銹絵(さびえ)や染付なども併用し,瀬戸の緑釉(織部釉)や交趾(こうち)釉,七宝釉,色楽釉などを用いて,京焼色絵陶器の先駆的なものが作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうやき【京焼】

京都で産出する陶磁器の総称。桃山時代におこり、粟田口焼・御室おむろ焼・清水きよみず焼・音羽焼など種々あるが、江戸初期、野々村仁清・尾形乾山らにより大成された色絵陶器は特に名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京焼
きょうやき

桃山~江戸時代の近世京都の陶磁器の総称。平安時代以来長く都の置かれた京都には、初め緑釉(りょくゆう)陶窯が開かれたことはあったが、中世にはまったく不作で、築窯が活性化するのは近世に入ってからである。その先鞭(せんべん)をつけたのは千利休(せんのりきゅう)が指導した楽(らく)長次郎の楽焼であり、1586年(天正14)には宗易(そうえき)(利休の名)形の黒楽・赤楽の茶碗(ちゃわん)を完成した。楽焼は中国明宋(みんそう)期の交趾(こうち)焼(三彩の一種)の鉛釉技術を導入して新機軸を樹立したもので、低火度の鉛釉を用いるため窯の規模も小さく、屋内に築かれるところから内窯(うちがま)とよばれた。これに対して傾斜地に築かれる長大な窯は本焼きとよばれ、江戸時代になると京都東山の山麓(さんろく)一帯を中心に、清水(きよみず)焼、清閑寺(せいかんじ)焼、粟田(あわた)焼、御菩薩池(みぞろがいけ)焼、八坂(やさか)焼、音羽(おとわ)焼、修学院(しゅがくいん)焼などが開かれていった。
 京焼の語は1605年(慶長10)の『神谷宗湛(かみやそうたん)日記』が初出で、このころ東山一帯の本焼きは瀬戸焼を中心に信楽(しがらき)焼などの窯技を受けて始まり、とくに茶の湯道具に活路をみつけたと推測される。この東山一帯の窯の初期の作品がいまはほとんど把握されえないのに対して、洛西(らくせい)仁和寺(にんなじ)の門前に開かれた御室(おむろ)焼は、優秀な作陶力によって初期京焼の名声を一手に集めることとなった。この窯の名は正保(しょうほう)末年の1648年ごろ史料に登場する。瀬戸で修業を終えた野々村清右衛門(のち仁清(にんせい)を名のる)がこの御室焼に迎えられたのは1650年(慶安3)で、以後1人の不世出の名工を得て、瀬戸風の茶具に加えて、透明釉地に上絵付を行う色絵陶器を開発し、京都ならではの洗練の妙を尽くした優美な和様茶具を完成させた。御室焼の窯の近くに居住していた尾形乾山(けんざん)は、仁清の陶法を伝授されて、1699年(元禄12)、近くの鳴滝泉谷に本焼きの窯を開き、兄尾形光琳(こうりん)と組んで独自の琳派画風を加えた加飾陶器をつくり、その雅(みや)びな個性味によって人気を博した。
 この2人が活躍した17世紀後半から18世紀にかけては、仁清風、乾山風の色絵陶器や銹絵(さびえ)陶器が東山一帯の窯で焼かれたらしく、遺品も多い。これらの色絵陶はほとんどが飲食器であり、一般に「古清水(こきよみず)」と呼び習わされている無款のもののほか、「清」「岩倉」「京」「清閑寺」「清水」「粟田口」「粟田」「御菩薩池」「藤」「長」などの商標を印捺(いんなつ)した作品も古清水のなかに含めている。
 乾山は磁器づくりにも大いに興味を示したが、京都で初めて磁器の焼成に成功したのは18世紀後期であった。中国帰化人の末裔(まつえい)奥田穎川(えいせん)は、家業のかたわら製陶を行い、天明(てんめい)年間(1781~89)ころに初めて白磁を開発し、あわせて上絵付法も試みている。時代の風潮は文人趣味が横溢(おういつ)していたので、必然的に中国陶磁が手本となった。彼の門下から青木木米(もくべい)、欽古堂亀祐(きんこどうかめすけ)、仁阿弥道八(にんなみどうはち)らが輩出し、洋の東西の古陶磁を手本に、多岐多様な明るく晴れやかな陶磁器が個性味豊かに焼造された。そして全国的な御庭焼の普及に伴い、彼らは各地の窯をも指導した。土風炉(どぶろ)づくりの西村家に生まれた永楽保全(えいらくほぜん)もやはり傑出した陶工であった。[矢部良明]
『林屋晴三編著『日本の陶磁13 京焼』(1975・中央公論社) ▽河原正彦著『陶磁大系26 京焼』(1973・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の京焼の言及

【奥田穎川】より

…江戸中期の陶工。京焼中興の祖といわれる。中国(明)からの帰化人穎川氏の後裔といわれ,質商丸屋を営む奥田家に養子となり,旧姓穎川を号した。…

【陶磁器】より


[近世]
 江戸時代に入ると各地の窯業に大きな変化が生じた。その契機は佐賀県有田における磁器の発生と,京都における色絵陶器(京焼)の焼造であって,江戸時代の窯業は瀬戸・美濃,有田,京都の3地域を中軸に展開した。1616年(元和2),李参平によって有田の白川天狗谷窯で,日本で初めての染付磁器の焼造が開始された。…

※「京焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京焼の関連キーワード音羽屋惣左衛門(初代)伊東 陶山(1代目)清水六兵衛(3代目)奥田穎川・奥田頴川清水六兵衛(3代)清水六兵衛(4代)清水六兵衛(5代)清風与平(初代)高橋道八(2代)小川文斎(2代)山手儀三郎丸屋佐兵衛真清水蔵六仁阿弥道八佐々木与三清水六兵衛小野桑園丹山陸郎天空の橋久世久宝

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京焼の関連情報