青海夫人勾子(読み)あおみのおおとじの まがりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青海夫人勾子 あおみのおおとじの-まがりこ

?-? 6世紀中ごろ,欽明(きんめい)天皇の夫人(ぶにん)。
欽明天皇元年(540)難波祝津宮(なにわのはふりつのみや)(大阪市)に行幸のおり,諸臣から外交上の失敗を指摘され摂津住吉(大阪市)の家にひきこもった大伴金村を,天皇の命令で慰問した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android