コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴金村 おおとものかなむら

7件 の用語解説(大伴金村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大伴金村
おおとものかなむら

大伴氏の最盛期を築いた古代の政治家。室屋の孫。談 (かたり) の子。仁賢天皇死後,太子 (武烈) と対立した平群 (へぐり) 氏を打倒し,武烈天皇の擁立に成功。大連 (おおむらじ) となる。武烈天皇に継嗣がなく,越前の大迹王 (おおとのおう) を擁立して継体天皇を即位させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおとも‐の‐かなむら〔おほとも‐〕【大伴金村】

古代の中央豪族。5、6世紀のころの武烈継体安閑宣化天皇時代の大連(おおむらじ)欽明天皇のとき、朝鮮半島経営の失敗により失脚。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大伴金村【おおとものかなむら】

5世紀末―6世紀中ごろの武将。生没年不詳。彼の時大伴氏は最盛期にあったが欽明天皇の時,朝鮮半島の経営に失敗し物部尾輿(もののべのおこし)の弾劾(だんがい)で失脚。
→関連項目大伴氏大連物部麁鹿火物部尾輿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴金村 おおともの-かなむら

?-? 5世紀末-6世紀前半の豪族。
大伴談(かたり)の子。武烈天皇・継体天皇の即位実現に功があり,宣化(せんか)天皇にいたる4朝の大連(おおむらじ)となり,政権をにぎった。筑紫国造(つくしのくにのみやつこ)磐井(いわい)の乱の鎮圧,屯倉(みやけ)の増設などで功績をあげるが,欽明天皇元年(540)百済(くだら)(朝鮮)への任那(みまな)(朝鮮)4県割譲の責任をとわれ失脚した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものかなむら【大伴金村】

5世紀末~6世紀前半ころの大和朝廷の豪族。生没年不詳。室屋の孫,談(かたり)の子で磐(いわ),咋(くい),狭手彦(さでひこ)の父。《日本書紀》によると,武烈・継体・安閑・宣化4朝の大連(おおむらじ)をつとめた。仁賢天皇の死後,大臣の平群(へぐり)氏を滅ぼして武烈を即位させたとされるが,《古事記》では平群氏はこれより前,清寧天皇の死後,意祁(仁賢)・袁祁(顕宗)両皇子によって討たれたことになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおとものかなむら【大伴金村】

大和朝廷の実力者。武烈から欽明に至る五朝の大連おおむらじ。継体天皇を擁立し大伴氏全盛期をもたらしたが、対韓政策の失政を物部尾輿おこしに弾劾され、失脚。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大伴金村
おおとものかなむら

生没年不詳。5世紀末から6世紀前半にかけての豪族。武烈(ぶれつ)・継体(けいたい)・安閑(あんかん)・宣化(せんか)朝の大連(おおむらじ)。大伴談(かたり)の子。仁賢(にんけん)天皇の死後、平群(へぐり)氏を滅ぼし、武烈天皇を即位させた。武烈の死後、皇位継承者がなかったため、金村は群臣と諮って、応神(おうじん)天皇5世孫という継体天皇を越前(えちぜん)より迎えた。512年(継体天皇6)百済(くだら)が任那(みまな)の4県の割譲を望んだのを認め、527年の筑紫国造(つくしのくにのみやつこ)磐井(いわい)の反乱に際しては、大連物部鹿火(もののべのあらかい)とともに戦って平定した。その後、安閑期には屯倉(みやけ)の増設に尽力したが、540年(欽明天皇1)欽明(きんめい)天皇の難波(なにわ)行幸に従ったとき、物部尾輿(おこし)らに先の任那4県割譲の責任を糾弾されて失脚し、住吉(すみのえ)の宅に引退した。大伴氏はこれ以降しだいに衰退した。[鈴木靖民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大伴金村の言及

【大伴氏】より

…日本古代の中央有力豪族。姓は連(むらじ)で,684年(天武13)以後宿禰(すくね)となった。伴(とも)は朝廷の各種の職務を世襲的に奉仕する集団で,大伴とは,伴の大いなる者,あるいは多くの伴を支配する伴造(とものみやつこ)の意であろう。記紀の伝承では,天孫降臨のおり,遠祖天忍日命(あめのおしひのみこと)が武装して先導し,神武東征のおりにも,遠祖日臣命(道臣命)が大和への道を先導したという。おそらく4~5世紀の大和政権の発展期に,朝廷の諸機能にたずさわる伴の管理者として成長し,ことに軍事的統率者として頭角を現したものと思われる。…

※「大伴金村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大伴金村の関連キーワード大和政権土馬群馬県前橋市西大室町大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田奈良県橿原市五条野町磐井笠原使主上毛野小熊筑紫葛子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone