コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青海舎主人 せいかいしゃしゅじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青海舎主人 せいかいしゃしゅじん

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
江戸築地万年橋畔で版元をいとなむ。作品に寛政3年(1791)刊の洒落(しゃれ)本「南品傀儡(あやつり)」がある。姓は梅沢。通称は茂七。別号に放蕩山人,柳枝

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青海舎主人の関連キーワードさく戯作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android