静止ドリフト軌道(読み)セイシドリフトキドウ

デジタル大辞泉の解説

せいし‐ドリフトきどう〔‐キダウ〕【静止ドリフト軌道】

人工衛星を静止軌道にのせる前段階の軌道。衛星は静止トランスファー軌道遠地点アポジーモーターにより推力を与えられ、静止軌道と同じ高度の円軌道を回る。この軌道を静止ドリフト軌道といい、軌道傾斜角などの修正が行われた後、静止軌道となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android